小林賢太郎氏の演劇作品『うるう』がYouTubeで公開、収益は能登半島地震の被災地に寄付

小林賢太郎氏による演劇作品『うるう』がYouTube上で公開され、その収益が日本赤十字社を通じて令和6年に発生した能登半島地震の被災地へ寄付されることが発表されました。

『うるう』は、小林賢太郎氏が手掛ける作品の一つであり、その舞台は多くの人々に感動と深い考えを与えることで知られています。この作品がYouTubeで無料で公開されることで、より多くの人々がそのメッセージに触れる機会が提供されます。

被災地支援への寄付という取り組みは、文化活動と社会貢献の融合として注目されています。演劇や芸術の力を通じて、被災地の復興支援に貢献することは、芸術家や文化活動家の社会的責任を果たす一環として重要視されています。

小林賢太郎氏はこの取り組みに関して、「『うるう』が多くの人々に希望や勇気を与えることを願っています。同時に、被災地の方々に少しでも支援の手を差し伸べることができれば幸いです。」とコメントしています。

『うるう』のYouTubeでの公開は、多くの人々が自宅から気軽にアクセスできることから、さらなる支援と共感を生むことが期待されています。また、このような文化活動と社会貢献の結びつきが今後も広がり、被災地の復興に寄与する一助となることが期待されます。

小林賢太郎演劇作品『うるう』(2020年)公開・Youtubeにて公開中

We will be happy to hear your thoughts

Leave a reply

ProJapaneze.com
Logo
Enable registration in settings - general