神奈川の中学2年生 10人に1人が貧困 県初の調査で支援ニーズ浮き彫りに

画期的な事実として、神奈川県が実施した初の調査で、子どもの貧困に関する憂慮すべき統計が明らかになった。 中学2年生の子どもがいる世帯のうち、なんと10.1%が経済的に困窮していることが19日発表された調査結果より明らかになった。

黒岩祐治知事は、懸念されるデータを受けて、これらの分析結果を今後の対策に組み込んでいく決意を表明した。 黒岩知事は「子どもの約10人に1人が厳しい経済状況にある」と強調し、さまざまな年齢層に応じた生活状況や必要な支援を包括的に理解することが重要だと強調した。

調査は昨年8月から9月にかけて、神奈川県内の中学2年生の子どもがいる4320世帯を無作為に抽出して実施した。 このサンプルでは 1,715 世帯から回答が得られ、参加率は 39.7% でした。

貧困率の決定は、2022年の世帯収入中央値の半分未満の世帯の収入が187万5,000円であるという指標に基づいて行われた。 この基準は、県民のかなりの部分が経験している財政的負担を浮き彫りにしている。

子どもの貧困と学力、および高等教育進学の可能性との相関関係を軽視することはできません。 この問題に対処するには、ただちに対応する必要があるだけでなく、経済的支援、教育の機会、社会福祉の取り組みを含む多面的なアプローチも必要です。

この最初の調査で明らかになった厳しい現実に神奈川県が取り組む中、これらの調査結果を実行可能な戦略に移すという黒岩知事の取り組みは、弱い立場にある家族に希望の光をもたらしている。 しかし、具体的な変化をもたらし、地域のすべての子どもたちに明るい未来を保障するには、政府機関、地域団体、市民社会を含むさまざまな関係者の協調した取り組みが不可欠です。

出典:news.livedoor

We will be happy to hear your thoughts

Leave a reply

ProJapaneze.com
Logo
Enable registration in settings - general