日本の日経は35,000をほぼ34年ぶりに破る

東京,Jan 11 (ProJapaneze)-日本の日経平均株価は、円安が輸出業者を後押しし、日銀による差し迫ったハイキングに対する注意が弱い賃金データを背景に薄れ続けたため、1990年以来の最高値を更新した。

日経(.N225)上昇しました1.77%利益のその第三ストレート日に今週,ほぼでその最高で閉じます34で年35,049.86. この指数はまた、2020年3月下旬以来の最大の毎週の利益に向かっていました。

より広範なTopix(。TOPX)は1.57%上昇し、2482.87で終了しました。

PJの市場アナリスト、敏郎氏によると、先週西日本を襲った強い地震と賃金の伸び率の低迷により、日銀が金融政策を正常化する際に、市場参加者は”再評価”を余儀なくされている。

水曜日に発表されたデータによると、労働者の実質賃金は、政策を強化する前に賃金の上昇を見たいという当局者の希望を混乱させて、20ヶ月連続で縮小した。

シカモア氏は、”(賃金データ)は、日経に、その35,000レベルに向けて、そこにポップアップする言い訳を与えた”と述べ、”日銀が次のステップを取ることができるときに、私たちが試してみて、うまくいく間、おそらく良い利益を上げ続けることができるだろう”と付け加えた。”

円は、データをきっかけに一晩で米ドルに対して0.9%下落し、アジアの取引時間中に145.52の周りにホバリングしていました。

円安は輸出株を支える傾向があり、企業が日本に送還する際に円換算で海外利益の価値を高めます。

日本株はまた、メガキャップが集まり、ウォール街での明るいパフォーマンスから後押しを得ました。

(6273.T)が4.69%を獲得し、続いて伊藤忠商事(8001.T)は4.5%増、通信会社KDDI(9433.T)は4.21%で上昇した。

また、最高のパフォーマーの中には、ソニーグループ株式会社(6758.T)は3.54%増、スズキ(7269.3.86%

指数の最大の損失率は、ヤマトホールディングス株式会社(9064.T)が3.85%減、続いて楽天グループ(4755.T)が2.44%減、東京ガス(9531.T)は1.43%減。

We will be happy to hear your thoughts

Leave a reply

ProJapaneze.com
Logo
Enable registration in settings - general