中部地震の死者数は180人に達し、120人がまだ行方不明になっている

09-Jan-2024

地元当局によると、石川県とその周辺地域を襲った強力な元旦の地震による死者は180人に達し、120人が行方不明になった。

地元の警察は、マグニチュード7.6の地震に続いて大規模な炎が発生した輪島の火災全焼した朝の市場の瓦礫の中で、約100人の職員とともに、火曜日後に大規模な捜索活動に着手するように設定されています。

石川県内の避難所では28,000人以上が避難を続けており、町の3か所で約12人がコロナウイルスに感染したと伝えられていますが、輪島市と隣接する珠洲市を中心に少なくとも3,300人が道路の切断により孤立しています。

輪島市や珠洲市を含む80校以上の学校では、施設の損傷により授業を行うことができません。

Snowfall on home and machine are searching missing person

輪島マーケットプレイスでは、月に始まった火災で約200棟の建物が焼失しました。 1、地元の自治体や消防士によると。

市場には多くの木造建築物があり、1,000年以上の歴史があることから観光客に人気がありました。

震度7を記録した地震による死者は輪島市と珠洲市に集中しているが、情報の不一致により行方不明者の数は変動している。

岸田文雄内閣総理大臣は、能登半島地震の被災者を支援するために、寒さに対処するための措置を含め、4.74億円(33百万ドル)の2023年度予算の積立金からの配分を承認した。

岸田氏によると、政府は来年4月からの予算案に計上される準備金を、現在の5,000億円から増額して、災害復旧のための資金を調達する計画だという。

We will be happy to hear your thoughts

Leave a reply

ProJapaneze.com
Logo
Enable registration in settings - general