家を高く、居心地が良く、暖かく見せる6つの秋の装飾のアイデア

高級感ある秋の装飾は、必ずしも高価な価格でなければならないわけではありません。インテリアのノウハウによって、大きな費用をかけることなくも、上質な結果を生み出すことができます。

高価な秋の雰囲気は、購買力の結果というよりも、美学的な要素であり、これは一般的に適用される原則であり、秋の装飾のアイデアにも当てはまります。

自然の色彩と豊かさを反映した美しくキュレーションされたインテリアは、家を暖かく歓迎するものとして、費用が惜しまれていないかのように見えるかもしれませんが、実際のところそうではない場合もあります。

高価に見える秋の装飾

高級感のある家を演出するには、その家をどのように装飾し、どのような素材、テクスチャー、オブジェクトを選ぶかを理解することに依存しています。家を安っぽく見せる要素は、もちろん考慮に入れないでください。

リビングルームの秋の装飾、秋のカラースキーム、秋のテーブル装飾、秋のマンテルのアイデア、または家の他の部分について語るとしても、季節のスタイルを導入する際には同じ原則が適用されます。これらのインテリアデザイナーの提案にインスパイアされて、秋の高級感ある雰囲気を手に入れてみてください。

1. 大気照明

大気照明

正しい照明のアイデアは、家を高級に見せるために重要です。また、適切な秋の雰囲気を作るためにも鍵となります。BHDM DesignおよびARCHIVE by Dan Mazzariniの主任およびクリエイティブディレクターであるダン・マッザリーニは、「秋は特有の居心地の良さを示し、照明はそれを実現するための簡単な方法です。」と述べています。

彼はアドバイスとして、「機能性と美学が交わる理想のポイントを見つけることが重要です。ライトディマーは驚くほど効果的です。シンプルな調整で、温かいムードを作り出したり、居心地の良い映画の夜の舞台を設定したりできます。私たちの提案:Lutron Credenzaプラグインディマーとソフトホワイトディマブルライトバルブです。」と助言しています。

2. 豊富なカラースキーム

豊富なカラースキーム

インテリアデザイナーのアルテム・クロポヴィンスキーによると、豊かなカラースキームと静かなアンダートーンは、この季節にぴったりの高級感あるルックを作り出す要素です。彼によれば、これらの要素を組み合わせるためにカラーホイールを参考にすることができます。リビングルームには、控えめなトープと相まって森林の緑がおすすめであり、寝室には、穏やかなベージュと対照的な濃いワインレッドが良いでしょう。

「森の緑やワインレッドのような色合いは、富と豊かさの感覚を醸し出します。」と彼は説明しています。「これらの色を控えめなトーンと組み合わせることで、その深みが増し、雰囲気を圧倒せずに引き立てます。こうした色合いは、秋の精神を反映しており、変わる葉っぱの色と温かみのある時期の本質を表しています。その結果は、温かさ、豪華さ、招待的な雰囲気の融合です。」

3. ベルベットとシルク

ベルベットとシルク

高価な布地を活用して、無駄を惜しまない美学を実現してみてください。グローバルなインテリアデザイン会社Chill Casaの創設者、マディソン・ポッパーは、「贅沢な秋の雰囲気の秘訣は、ベルベットの質感とシルクの層を調和させることにあります。これによって、空間を魅力的な温かさと贅沢感で包み込むことができます。」と語っています。

「ガラスの花瓶に丹念に金箔を施した枝や乾燥した花を包み込むことで、テーブル設定の魅力を高めることができます。これによって豪華な焦点が生まれ、また、壮麗な金箔の鏡や注意深くセレクトされたヴィンテージのアーティファクトを取り入れることで、伝統的な魅力を追加することもできます。これによって時の流れを感じさせると同時に贅沢さを演出します。」

4. アクセントの壁の色

アクセントの壁の色

新しい季節に向けて、部屋を引き上げて変身させるために、アクセントウォールを作成することを検討してみてください。インテリアデザイナーのシャンテル・ハートマン・マラーキーは、「私は素敵なアクセントウォールのペイントカラーが好きです。」と語っています。

「部屋の中で適切な色を使うことで、その部屋を活気づけることができます。秋の季節に本当に美しく見える、より濃い濃いカラーの塗られたアクセントウォールが大好きです。」

5. 色の注入

色の注入

シックな秋の装飾を取り入れるために、カラーアクセントを使用してみることを検討してみてください。「明るい赤やオレンジではなく、選択的に小さなポップなカラーや微妙なテクスチャーを持つ中立的なパレットを選ぶことで、秋の装飾が既存の家具と調和し、空間全体が統一感があり、注意深くキュレーションされた印象を与えることができます。」とBlythe Interiorsの創設者兼CEO、ジェニファー・ヴェルルートは説明しています。

「たとえば、明るいオレンジの花瓶をシンプルなゴールドのものに変えてみてください。ゴールドのような中立的でありながらもお祭り気分を感じさせる色は、次の季節の装飾にも簡単に適用できます。秋には素敵な乾燥した花を飾り、冬になるとヒイラギの葉などより冬らしいものに変えることができます。これによって、装飾が洗練された印象を与えるでしょう。」

6. プレミアム座席の装飾

プレミアム座席の装飾

家中のシーティングを高級感あるルックに仕上げましょう。アルテム・クロポヴィンスキーは、「適切なシーティングの装飾は、インテリアのための上質なジュエリーにたとえることができます。まるで完璧なペンダントが服装を引き立てるように、理想的なブランケットやクッションも家具をより上質な光で提示できます。」と述べています。

リビングルームでは、「部屋に調和する色合いのシルク製のクッション、たとえばトープやワインレッド」を提案しています。寝室には、「シンセティックファーのラップを、一つの椅子やベッドの端にカジュアルに置くことができます。」

「シルクやシンセティックファーなどの素材は、贅沢を象徴します。これらは視覚的に見事なだけでなく、感触も楽しいもので、感覚的な体験を豊かにします。」と彼は述べています。

関連ショートビデオオン @101Plans チャンネル:

FAQs

あまりお金をかけずに、秋に向けて家を豪華に見せるにはどうすればよいでしょうか?

テクスチャード加工の枕やメタリックなアクセントなど、高品質でステートメントのあるアイテムをいくつか選びましょう。 節約品や DIY プロジェクトを取り入れて、予算内で高級な装飾を実現しましょう。

秋のインテリアにどんな居心地の良い要素を追加できますか?

ニットブランケット、豪華なラグ、柔らかいクッションでテクスチャを重ねます。 香りのキャンドルを使用し、快適な椅子を備えた読書コーナーを作り、居心地をさらに高めましょう。

秋に暖かく居心地の良い雰囲気を作り出すにはどうすればよいでしょうか?

オレンジや赤などの温かみのある色調を取り入れ、葉や松ぼっくりなどの自然なアイテムを使用します。 温かみのある電球やフェアリーライトで照明を強化し、魅力的な雰囲気を演出します。

We will be happy to hear your thoughts

Leave a reply

ProJapaneze.com
Logo
Enable registration in settings - general